第9号 #09

KBT MAGAZINE

ワイズエキスプレス株式会社

INTERVIEW

KBT-GROUPの魅力は
フランチャイズに加盟することによって
仲間ができてプライベートが
充実することだと思いますね。

#09
KBT-GROUP戸田店 ワイズエキスプレス株式会社
代表取締役 吉川 直樹さん

全国のFC加盟店の仲間に会いにいく連載インタビュー企画

KBT-GROUP戸田店 
ワイズエキスプレス株式会社
吉川 直樹代表取締役

img01
--
どのようなきっかけでKBT-GROUPに加盟されることになったのでしょうか。
吉川さん
約15年前、私が22歳の頃に岩本社長に出会ったことが始まりです。
岩本社長は2004年に北海道から東京へ進出されていて、離れている間も連絡を取り合って、仲良くしていただいていました。
その中で、電話で運送業はすごいよと教えていただいて。その時は違う仕事についていたのですが、社員になりませんかとお話をいただいて、岩本社長に会いに行きました。くわしいお話を聞きに行ったら、社員ではなく個人事業主で、しかも「自分でやってみないか。」ということでした。
お話を聞いているうちに、じゃあやってみよう、という気持ちになって決心しました。
まずは、私と後輩などの仲間3名を東京へ連れてきて、後から妻も呼び寄せました。
妻は予想していなかったと思うのですが、来た次の日から妻にも、現場の段取りと車を用意して、築地の現場にドライバーとして行ってもらいまして、こんなことあったよねと、今では笑い話になっています。
--
創業初期、最初はどのような状況でしたか。
吉川さん
当時、KBT-GROUPも始まったばかりで、私がフランチャイズ1店舗めでした。
その時は、千晶さん(KBT-GROUP本部 株式会社マジカルランド副社長)もあまり関わっていなかった時期ですし、パソコンも駆使していなくて、アナログの集合体といったところでした。
アナログとアナログの集まりで、求人についても新聞の折込みくらいしか知識がありませんでした。掲載を1回するのに98,000円くらいかかりますが、新聞を取っている人しか来ないという、入り口の狭い求人を行っていましたね。求める人材になかなか来てもらえない状態で2~3年続けていました。
img02
--
試行錯誤で続けていらっしゃったと思いますが、2~3年後に会社が変わられるきっかけになったことは何でしたか。
吉川さん
会社を登記したことで状況が変わったことがきっかけです。
営業しないと仕事がとれない中で、登記簿が必要だったり、ホームページの必要性を感じたり。そういった中で足らなかったものを準備し、色々工夫することで会社が伸びていきました。
登記して2~3ヶ月で月の売上1,000万円を達成しまして、売上が2~3倍ぐらいに増えました。契約先が増えたためで、かつフランチャイズ加盟店も増えて、振り先も増えたことも大きな理由です。
その時は主に私と妻の2人で頑張っていました。
営業がうまくいっていて、ドライバーの求人募集をあらゆる媒体で試して、形になってきたところでした。
--
吉川社長のところからのフランチャイズは、現在何店舗くらいなのでしょうか。
吉川さん
現在9店舗で、ほとんどがドライバーさんからの独立です。
考え方として、ドライバーとして現場の仕事を知らないと、営業をするための基本知識を習得できないと思っています。KBT-GROUPでは案件は沢山ありますが、現場を知らないとグループの活用がうまくできないため、現場を知ってもらうために、ドライバーを経験してもらうようにしています。
img03
--
どのような人にフランチャイズ加盟店のオーナーを勧めていらっしゃいますか。
吉川さん
色々なタイプの方がいますね。ドライバーは無理だけどオーナーとしてはやれそうという方がいたり、面接の段階でうまくいかなかったとしても、プラス思考なのか次の日も来たりする前向きな方がいたりします。
それと私自身も北海道出身ですが、北海道から来た人は、独立することを視野に入れて東京に来ていることが多いです。
KBT-GROUPが大きく成長していく中で「運送業は稼げるらしいよ、フランチャイズで。」という口コミが、業界のドライバーの中でも広がっているようですね。
--
吉川社長からみたKBT-GROUPの魅力とは何ですか。
吉川さん
KBT-GROUPのフランチャイズに加盟することによって仲間ができて、プライベートが充実することが魅力だと思います。
フランチャイズ加盟店同士、普通はライバル店として競い合うと思いますが、ライバルというよりもお互いに協力し高めあう仲間といった感じで、私もこの年で大人になってからの新たな友人ができました。
家族ぐるみでつきあえたり、サッカーチームをつくったり、バーベキューを一緒にしたり、本当にいいお付き合いをさせていただいています。
また、よそのオーナーさんではご自分で船を持っていて釣りをしたり、別荘を持っていたりいるオーナーさんもいらして、普通のサラリーマン給与と比べてももちろん報酬は大きく、そういった面でもプライベートがより充実することも醍醐味だと思います。
img01
--
吉川社長が目指す夢を教えていただけますか。
吉川さん
私は、55歳で引退することを目標にしています。保険もすべて55歳で満期になるように契約しているのです。今は早期退社を目指して頑張っています。
--
この業界に入って人生の転機などはありましたか。
吉川さん
軽貨物運送の仕事を始めたことで、人生は変わりましたね。岩本社長と出会って、北海道から東京へ引っ越して、住む場所も環境も変わりましたし、人生に対する意識も変わりました。
--
東京へ行ってお仕事する決心と、実行に至るまでがなかなか大変だと思うのですが、吉川社長がすぐに実行に移せたのはどんな理由があったのでしょうか。
吉川さん
性格とタイミングだったと思います。仲間も一緒だったことも大きな理由です。
その仲間も、安定した職を蹴ってついて来てくれていたので、そこまで人を動かす「軽貨物運送は凄いぞ。」という話が魅力だったということですね。
現実に、KBT-GROUPのフランチャイズがここまで大きくなるとは初めは岩本社長も思っていなかったと思いますが、夢が現実となっています。
また、「一緒に東京へ進出しよう」と今日まで縁の下の力持ちとして、自分を始め、スタッフ・ドライバーさんを助けてくれてきた妻には、言葉では言い表せない感謝の気持ちが有りますね。これからは妻を専業主婦にしてあげたいと考えていますので、もっともっと自分自身努力しようと今回のインタビューを通して実感いたしました。
今もなおグループ全体が成長している中、その一員としてこれからも頑張っていきたいです。
プロフィール写真

オーナープロフィール

KBT-GROUP戸田店 ワイズエキスプレス株式会社

代表取締役 吉川 直樹さん

1979年、函館生まれ

座右の銘:これしかないからやるしかない!

いままでやってきたお仕事:飲食店・スポーツ用品店・スキーインストラクター