第6号 #06

KBT MAGAZINE

KBT-GROUP八潮西店

INTERVIEW

変革を起こしてやりたいという
気持ちを持っている人であれば、
必ず成功するシステムになっています。
チャンスは転がっていると思います。

#06
KBT-GROUP八潮西店
UC EXPRESS株式会社
代表取締役 倉橋 良太さん

全国のFC加盟店の仲間に会いにいく連載インタビュー企画

KBT-GROUP八潮西店 
UC EXPRESS株式会社
倉橋 良太代表取締役

img01
--
まずはKBT-GROUPへ加盟したきっかけを教えてください。
倉橋さん
僕はずっとアルバイトをしていたのですが、アルバイトをしていたところの上司がKBT-GROUPを始めたことがきっかけです。会社を辞めたその上司が3ヵ月後くらいに、アルバイト先の工場に軽に乗って来たんです。今何をしているか尋ねたら「KBT-GROUPという軽貨物運送をしている。これをやったらおまえも社長になれるぞ。」と。その日に辞表を出して、すぐその人のところに行きました。その人のところで2ヵ月くらいドライバーをやり、これは自分でも出来そうだなと思ったため独立をしました。
--
実際に独立してみて、最初の出だしの頃とか、今に至るまでの話をお聞かせください。
倉橋さん
独立をしてまず求人を打たなきゃいけない。地方紙ですね。紙ベースで新聞折込を使って、ドライバーが20人くらい決まったんです。事務所も何もないので、マックだったりサイゼリヤだったりで面接をして、20人がすぐ決まりました。もう20人で食っていけるのでこれでいいやと思っていたところ、とある人に出会い「法人化して、もっとお金を使って求人に力入れていきましょう。」と助言をいただき今に至ったのです。運でここまでやってこれたと感じます。
img02
--
運の掴み方とか何か気をつけているところはありますか?
倉橋さん
まずは敵をつくらないようにはしています。ちょっと理不尽でもこちらが折れるところは折れて、あまりわがままを貫き通すということはしないですね。次にもつながるし、周りの影響で評価が決まってきますので。ただ、バランスは難しいです。言いたいことを言えずに、全部はいはいってやっていれば利用されるだけになっちゃう。わがままを言いすぎず、言われすぎず、嫌われないように、心がけが大事です。
--
ご自身もドライバーからオーナーになったということですが、現在ドライバーからオーナーへのキャリアアップを今考えている方達に向けてメッセージをお願いします。
倉橋さん
僕は正社員で働いたことが1回もないんですよ。学校を卒業して27歳くらいまでずっとアルバイトでした。それでも食っていけるからいいと考えていましたが、上司に「おまえも社長になれるぞ」と言われたときに、これはチャンスだなと思って、その1個のチャンスがぽんと出てきたところを「これは掴まなきゃいけないな」と思って決断した経緯があります。
ただ、社長で会社をするということはリスクを背負いますし、不安も生まれると思うのですが、考えるよりも行動、まずはチャンスに巡り合ったことを重視して、あとのことはやってから決めればいい。とりあえずチャンス掴まないと話にならない、ということです。
ですので、ドライバーさんが今の仕事に満足してないとか、周りの評価が低くても、チャンスがあれば是非掴んだ方がいいです。チャンスを掴むのがKBT-GROUPの仕組みになっています。
例えば、1万円札落ちていたら拾うじゃないですか?そこで落ちているのを見て、あっ拾おうかな?どうしようかな?と悩んでいる間に他の人に拾われちゃうのです。落ちていたら、まず拾う。チャンスがあったら、まず掴む。というのを心がけてほしいですね。
また、それを決めたのだったら貫き通すということ。自分は後がない状況でしたし、社長と呼ばれたいし会社をつくってみたい、変革を起こしてやりたいという気持ちがあったので貫き通しました。そういう気持ちを持っている人であれば、必ず成功するシステムになっています。チャンスは転がっていると思います。
img03
--
ドライバーからオーナーになっての違い。オーナーになったら大変なこともリスクもあると思いますが、やはりドライバーのときよりも今の方が選択肢が広いのではないかと思うのですがいかがでしょうか?
倉橋さん
僕が最初にドライバーをやって、運転をして、軽貨物を学びましたと。そこからオーナーになってまず一番変わったことは、事務作業など走るだけではない作業が増えたことです。ドライバーから日報をまとめて、請求書を管理したり、支払明細を作ったり。僕はまっとうな仕事ってあんまりやったことなかったので、最初は楽しかったです。管理する事が楽しくて、最初はそれに没頭しました。そしたら今度は違う問題も出てきますよね。ドライバーをどうやって増やしていこうか、どうやったらいい空間を、現場を提供して、気持ちよく仕事をしてもらえるだろうか、というところに辿り着いて、そこを改善して提供できるようになりました。
じゃあ次は?といったら、会社自体を大きくしてその規模をもっと広げていきましょう。そのためにはこれだけのお金がいります、これだけ人材もいります、そしたらそれをどうしていこうとか考えることは尽きないので、やっていくと自分でもレベルアップしてると感じますし、あの頃27歳のアルバイトをしていた頃の自分と比べても周りからの評価も高いですし、自分としてもあのとき知らなかったことを今じゃこんなに知っているという自信にも繋がりました。日々自分の成長にもつながる。もちろん収入の面にもつながる。人材というか交友関係も変わる。いいことづくしだと思います。
悩みとかもありますが、何もなく成功はできないですからね。最初のとっかかりで引っかかって諦めちゃう人が多いので、いかに乗り越えられるかを考えて、達成した時の達成感と、レベルアップした時の伸び方を、もっと色んな人に実感してもらいたいです。
img04
--
沢山のドライバーさんを抱えていらっしゃると思いますが、一緒にやっていくドライバーさんに向けての今後の抱負をお願いします。
倉橋さん
色んな面を含めて大人になること。うちで働いているドライバーさんが周りからの評価が悪かったら僕も嫌ですし、ドライバーにとっても当然嫌だと思います。まず自分の成長を第一に考えてほしいですね。
成長にともなって売上っていうのはついてきます。利益も評価もです。そういった武器を持ちつつ、UCEXPRESSから独立して、オーナーとしてやってもらって、いいビジネスパートナーとなり、良い未来も描いて成長していってほしいですね。UCEXPRESSに入ってきた当時だったら考えられないことを、一緒に出来るようになりますから、僕はとても楽しみです。
プロフィール写真

オーナープロフィール

KBT-GROUP八潮西店 UC EXPRESS株式会社

代表取締役 倉橋 良太さん

1986年、秋田県生まれ

座右の銘:無知を武器に

いままでやってきたお仕事:電気機器の販売、倉庫内作業、引越し、施工作業